メガネ

疲れた毛様体筋に要注意

スマホの長時間の使用は、目の毛様体筋を酷使してしまいます。毛様体筋はピントを合わせる役目を担っているため、労ることが重要です。20代から老眼の症状に悩むことがないように、適度に休息を取りスマホを使いましょう。また、目の運動や目の健康促進に役立つ栄養を摂ることも、老眼予防に効果的です。

詳しく見る

中年女性

老化による目の不調とは

40歳前後から始まる老眼の症状には、目の疲れ、目のかすみ、細かい文字が読みにくいなどがあります。また、頭痛や肩こりといった症状がおこる場合もありますので、放置したり我慢したりせずに何らかの対策を行うようにしましょう。

詳しく見る

笑顔の女性

初期に現れる現象

老眼では初期症状としては、近くのものが見え辛く感じたり、ピント調整が素早くできなくなったなどがその代表的なものとしてある。老眼を防止するためには、遠くのものと近くのものを交互に見ることや、栄養面での改善などがある。

詳しく見る

眼

適切な対処が必要

老眼は水晶体の衰えでピント調節がうまく働かなくなり、具体的な症状では物を遠ざけることによってピントが合うようになります。老眼鏡、目の運動、サプリメントで対策をすれば目の負担を軽減させ眼精疲労や肩こり予防だけでなく老眼を遅らせることも可能です。

詳しく見る

中年女性

目が悪くなった場合

老眼とは、目の機能の老化のために、近くの新聞などが読みにくくなる症状を言います。自分が老眼かも知れないと思った時は、早急に眼科に行くことを推奨します。老眼を放置すると、肩凝りや頭痛の原因になるため注意が必要です。

詳しく見る

身になる取り組みをしよう

中年女性

食生活を見直そう

老眼は40代あたりから少しづつ進行していき、40代半ばあたりになると自覚症状が現れます。普段からメガネを掛けてない人は近くの物を見るとピントが合わなくなり、眼精疲労が増していきます。いつも近視のメガネを掛けている人は、眼鏡を外した方が近くが見やすくなり、以前のようにメガネを掛けたまま細かな作業ができなくなります。眼の内部にある水晶体は、毛様体と呼ばれる筋肉を使って形状を膨らませて近くのものにピントを合わせます。これがさまざまな原因により水晶体の形状を膨らませる事が難しくなり、老眼の症状が始まります。老眼の主な原因は毛様体の筋力低下といわれていますが、その背景にはその人の眼の酷使の仕方や、生活環境にも影響を受けています。いつもパソコンやスマートフォンを過度に使用していたり、暗がりの部屋の中で長時間細かなものを見ていると、従来よりも症状が早く進行する場合があります。また、慢性的な寝不足や食生活の乱れにより眼の組織に栄養が行き届かなくなり、老眼を引き起こすきっかけを作っている場合もあります。眼の組織には粘膜を守ったり視界の明るさを維持してくれる緑黄色野菜などのビタミンAや、眼球の裏側にある黄斑部を守ってくれるルテイン、ブルーベリーで有名な眼精疲労や老眼予防に繋がるアントシアニン、ウナギやサバなどの青魚に含まれるコエンザイムの積極的な摂取が必要になります。老眼を自ら症状を遅らせるためにも食生活を見直ししていきましょう。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【老眼を自ら症状を遅らせるには】 All Rights Reserved.