初期に現れる現象

笑顔の女性

改善の方法

老眼は40代頃から始まる目の症状であり、高齢者の多くが悩まされているものでもある。老眼には初期症状があり、老眼の初期症状では近くの細かな字が見え辛くなることが最も一般的な症状である。また、遠くのものを見た状態で近くのものを見た際、ピントが直ぐに合わないということも老眼の初期症状としてある。老眼では、水晶体にあるピントの調整機能が衰えることがその原因となっている。近くのものを見続けたりすることで、その状態で固定されてしまうことも老眼の原因となっている。加齢に伴う老眼では、目の中の筋力の衰えなどによりピント調整機能の働きが悪くなり引き起こされる。しかし、近年ではスマートホンなど近くで見続けるものが増えていることなどから、若年層でも老眼の症状に陥る人も増えている。進行を少しでも遅らせるためには、眼精疲労に陥らせないことが重要になっている。眼精疲労が続くことで、目の中の機能が衰えてしまい、老眼に繋がるケースがある。その為、近くのものを長時間にわたり見続けないことや、遠くのものと近くのものを交互に見るなどしピント調整機能を活発に使うことなどでも進行を抑えることができる。また、食事面での配慮も重要になる。バランスのとれた食生活を送ることや、ビタミン類を豊富に取るなどが良いとされている。バランスよく栄養を摂取することで、目の中の修復機能を有効化することができ、結果として老眼の進行を遅らせることができる。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【老眼を自ら症状を遅らせるには】 All Rights Reserved.