老化による目の不調とは

中年女性

40歳前後から始まる不調

年齢を重ねていくと老化による症状が体のあるゆる場所にあらわれてきます。老眼もその1つで、性別に関係なく40歳前後から老眼が始まるといわれています。老眼はピントを合わせる調節機能の衰えが原因で、誰にでも起こるものですから特に心配はありません。しかし、調節機能の衰えによって様々な症状を出てきますので、何らかの対策が必要になります。では、老眼の症状とはどのようなものでしょうか。代表的なものとしては目の疲れ、目のかすみ、細かい文字が読めないといったものがあります。目の疲れは長時間のパソコン使用や読書などでも起こりますが、通常の目の疲れの場合は目を休ませることで症状が回復します。しかし、40歳以上の方で目が疲れやすくて回復に時間がかかるという場合は老眼の可能性があります。老化によって機能が低下している目が、なんとかピントを合わせようと頑張るため、疲れ目の症状を起こしてしまうのです。を行おうとする機能の低下したかもしれません。目のかすみとは視界がぼんやりして見えるというものですが、白内障や緑内障でもこのような症状がおこる場合がありますので、不安な方は眼科医に相談してみましょう。新聞や書籍などの細かい文字が読みにくい、少し薄暗くなるとものが見えにくいというのも老眼の症状です。細かい文字がぼんやり見えるという時は、目に負担をかけないように老眼鏡やルーペなどを使ってみましょう。また、頭痛や肩こりの老眼による症状の1つになります。ピントを合わせようと目を酷使するため、周囲の筋肉が過剰に働いて頭痛や肩こりの症状が出てしまうのです。これらの症状が重い場合は医療機関での相談をオススメします。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【老眼を自ら症状を遅らせるには】 All Rights Reserved.