適切な対処が必要

眼

近くが見づらいが始まり

老眼とは加齢による水晶体と目の筋肉の衰えにより、近くを見るときピント調節機能がうまく働かくなることをいいます。レンズの役割をしている水晶体の弾力が無くなると近くを見たり遠くを見たりする働きができなくなります。水晶体の周りにある毛様体筋も衰え水晶体を厚くしたり薄くしたりする機能がうまく働かず、近くにピントが合わすことができなくなり老眼の症状が出ます。構造的なものを聞いてもあまりピンとこないことがありますが、老眼は多くの人が知っているように視点を遠くに移せばピントが合い、年齢とともにその距離がどんどん遠くなります。30cmの距離でピントが合うと老眼の症状が始まっていますので、一般的にいわれている40代になっていなくても症状をチェックして早めに対策をすることで健康な目になることができます。老眼の症状はピント調節だけでなく疲れ目、目がかすむ、しょぼしょぼする、はっきり見えない、眼精疲労、肩や首のコリなどがあります。眼精疲労やコリは一見関係ないように思われますが、はっきり見えないので必死に見ることにより目の疲れがひどく疲労やコリを発生させてしまいます。老眼鏡を使い適切な対処をするとはっきり物が見え疲労やストレスを軽減させることができ、目の運動やサプリメントで老化を遅らせることが可能です。パソコンやスマホのブルーライト、紫外線は老眼を早める原因となるので長時間の使用を避け専用眼鏡を使うことで負担を軽減させることができます。

Copyright© 2018 目の健康を維持しよう【老眼を自ら症状を遅らせるには】 All Rights Reserved.